読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フランスのゲイが極右政党を支持することについて書かれた記事2本

 www.bbc.com

2017年4月24日に配信されたこの記事が話題になっていたのでメモ。同年4月20日に配信された英文記事"Why gay French men are voting far right"を日本語訳した記事。

 

フランス大統領選挙を前に、国民戦線(FN)とル・ペン党首がゲイの有権者からも支持を集めているのはどうしてか、分析した記事。

  • 世論調査ではマリーヌ・ル・ペン党首が同性愛の有権者から多くの支持を得ている
  • 国民戦線は他のどの主要政党よりも党幹部に同性愛者が多い
  • 2015年の地方議会選挙直後の他の世論調査によると、一般市民よりも同性愛の既婚男性の間でFNは人気があった
  • 一部のLGBT有権者はル・ペン氏の移民への厳しい姿勢に強くひきつけられている

読むとフランスでは多くのゲイ有権者がFNを支持しているような印象を抱いたのだけど、2017年2月11日に配信された下記の記事を読むとまた違う感想を持つこととなった。こちらも日本語翻訳記事。

www.buzzfeed.com

  •  党首ル・ペンは、その側近に数多くのゲイを迎えた。その数は2013年に同性婚法を成立させた中道左派社会党さえしのぎ、フランスの主要政党で最も多い
  • 複数のLGBT活動家が、ここ数年、特に保守派のゲイの間でゼノフォビア(外国人嫌い)が広がっていると指摘する
  • 研究機関Cevipofの調査によると、既婚のゲイに限れば、地方選挙で38.6%が国民戦線に投票したと答えた(ただ、世論調査の専門家によると、この集団はLGBT全体と比べて、より年齢が高く、より保守的な傾向があるという)

BBCの記事と似た内容について書かれているがBuzzFeedの記事では「言説を裏付ける確固たるデータがないことには注意する必要がある」と続く。

そして欧州の抱える移民問題について、ヒューマン・ライツ・ウォッチLGBTプログラムの責任者を務める ボリス・ディトリッヒの言葉を紹介している。

「移民をめぐっては、左派政党は有権者が抱いている心配とか恐怖に答えていないんです。だから、有権者に見捨てられる」

 BBCの記事での

  • 世論調査ではマリーヌ・ル・ペン党首が同性愛の有権者から多くの支持を得ている

については、ちょっと言い過ぎ感はあるのかな。ゲイ有権者の支持は広げているものの、その伸びは異性愛者と変わらない、ということのよう。

emotional ~アイドルを救え~(ネタバレ)

f:id:tatsuhiraf:20170429111832p:plain

ぱぱvipさんのクトゥルフ神話TRPGセッション「emotional ~アイドルを救え~」を観た感想を書きます。ネタバレです。

 

セッションは、初めてのアリーナライブを夜に控えたアイドル”大山田やゆよ”から相談を受けるところから始まる。”やゆよ”は有名な占い師からライブを中止するよう警告を受けていた。探索者たちは未来が見えるという占い師のもとへ向かい、真偽を確かめようとする。

 

このシナリオはタイムリープを繰り返しながら謎の真相に迫り、惨事を回避するルートを模索する構成となっています。

 

ライブ会場で神話生物の召喚に遭遇した探索者たちは占い師の言葉に従い謎の白い粉を飲みます。すると探索者たちはセッション冒頭の”大山田やゆよ”から相談を受けている場面に戻っています。その際の探索者たちの当惑ぶりは楽しく、タイムリープものにおける初回の巻き戻りはやはり見せ場なんだなと思いました。

 

“やゆよ”は困惑する探索者を前に「アリーナ公演中止なんてありえないっしょ」と以前とまったく同じ調子で話してきます。たけっちさん演じる地下アイドル”みかみか”は「あ、あ、アリーナだけに有り得ない..」とつぶやきます。”やゆよ”も”みかみか”も前回と同じ台詞を言っているのに、タイムリープしてきた”みかみか”の言葉には困惑がにじみます。”みかみか”を演じたたけっちさんはこのセッションで恐れ知らずのロールが炸裂していましたが、ここの”やゆよ”と”みかみか”の対比が表れるロールが一番印象に残っています。

 

面白かったのは、タイムリープを繰り返していくなかで作業感が出て来るところでした。3回目の”やゆよ”の相談シーンを「はいはい助ける助ける」とすっ飛ばしていく場面には、「まどマギ」や細田版「時かけ」で、何周目かの巻き戻りにもう驚きもせず、さっさと行動に移るほむらちゃんや真琴のことを思い出しました。

 

シナリオの構造上、情報が集まりストーリーが展開していくのは一度タイムリープを展開してから、という点が難しくて、どうしてもタイムリープ前の序盤では物語の全容が掴めず、探索者たちの「これどうしよう」という感じが出てくるのですが、今回のプレイヤー陣が芸達者過ぎて、何も起こらないなら自分たちで起こしてしまおうとする展開には笑いました。

 

あとクトゥルフ神話TRPGには圧倒的な絶望や根源的恐怖の要素が微かにでも入っていて欲しい派の僕としては、目撃しただけで1d6/1d20のSAN値が吹っ飛び、容赦なく人の身体を引きちぎる神話生物の登場は嬉しかったです。


2015年5月に2度に渡って行われた「キラメキラリ」というセッションの改訂版(?)が今回の「emotional ~アイドルを救え~」です。前回のセッションを観ていても十分に今回のシナリオを楽しむことが出来ましたので、未見の方はぜひ。

 

 

emotional ~アイドルを救え~

2017/04/23

GM、シナリオ ぱぱ☆vip

プレイヤー 高幡、たけぉ、たけっち、夢咲刻夜 

(チェッカーTRPGまとめ)より

 

女子高生はスズナリを目指す

ひなこのーと 第2話「ここからはじまる」感想

可愛い女の子がきゃっきゃするのを何の不安も覚えず、不穏も察知せずに心穏やかに観る、いわゆる"難民キャンプ"のアニメ、だと思って第2話を視聴。

 

高校の演劇部が休部中なので下宿先のみんなで劇団を立ち上げよう!って話になって、展開に驚く。高校演劇をやるんじゃなくて、小劇場の物語になるのか。

 

「スズラン」のモデルは「下北沢ザ・スズナリ

小劇場「スズラン」で公演をすることを目標とした第2話ラスト。「スズラン」は「下北沢ザ・スズナリ」という下北沢に実際にある劇場がモデルです。作中に登場した外観が「ザ・スズナリ」そのものでした。

 

女子高生はスズナリを目指す

ザ・スズナリ」で公演することはちょっとしたステータスで、小劇場界では一目置かれる的な、そういう特別な劇場なんですね。ハコが空いていたら日程を押さえることができる劇場ではなくて、劇場の方から声をかけて頂いて初めて上演の機会を得ることができる、みたいな話を聞きます。

 

作中で「スズラン」がどういう描かれ方をしていくのか分かりませんが、旗揚げ公演でいきなり「スズラン」で上演とかではなくて、いつか行きたい甲子園や普門館のような、憧れの聖地のような劇場として登場するのかな、と思いながら第2話を観ました。

2017年春アニメ序盤19本ほど観た感想

2017年の春アニメ第1話の放送・配信も出揃ったところで感想を書きました。

視聴継続

第1話〜第2話を観て、今後の期待が大きい順に挙げています。「神バハ」「ロクでなし」「ゼロ書」「グラブル」あたりの剣と魔法の世界の作品が面白かったのが印象的でした。

 

チェック漏れで、観ておけば良かったなーと思っているアニメ作品は、「正解するカド」「Re:CREATORS」です。

 

進撃の巨人 Season 2

第2話(第27話)まで視聴。人気作の二期というのはどうしたって一期ほどの盛り上がりにはならないもの、と思ってあまり期待せずに観たら面白かった。これ第二期のスタートとしては素晴らしいんじゃないでしょうか。盛り上がって謎も散りばめて最後に絶望して。原作は読まないでおいたので、これからどうなるのか本当に楽しみ。

 

恋愛暴君

第2話まで視聴。展開早くてキャラも可愛くて面白かった。第1話を見逃さなくて良かった。ハーレムアニメの主人公に賢章くんって初めて観るなぁ。「恋愛」というものをまるで分かっていない恋のキューピッドが引き起こすドタバタラブコメディー。主人公の男子高校生くんと第2話に登場した男性教諭を見て思ったけど、このアニメの男キャラクターは細くなくて良い。がっしりしているわけではないけど、男の骨太さがあって、そこに色気を感じることが出来るので、可愛い女の子たくさん出てくるアニメだけど、ゲイ的な楽しみがあって嬉しい。

 

神撃のバハムート VIRGIN SOUL

第2話まで視聴。前作視聴済み。サイゲのソシャゲ原作をアニメ化。ハイファンタジー物語の第1話としては完璧じゃないか。城下町の賑わいが楽しく、そこでいきいきと働く主人公の女の子がいて、王都で渦巻く影の部分が垣間見えて、前作からのキャラクターもいて。そしてバトルパートでは動きまくり。剣と魔法の世界の戦闘というものを大いに見せてくれて。完璧じゃないかな。

 

ロクでなし魔術講師と禁忌教典

お約束と定番のラノベ原作がシーズンに1本くらいあってくれると安心する。第1話では主人公が非常勤講師として赴任した魔法学校で、ヒロイン?の女の子に決闘を挑まれ魔法対決へ。なるほど、生徒たちから侮られた主人公教師がここで実力の片鱗を見せる展開ね、と思ったら無様な負け方をして第1話が終わった。


ゼロから始める魔法の書

え、ちょっと待って。聞いてない。聞いてないよ。獣人兄貴が可愛いファンタジーアニメなんて聞いてないよ。ケモナー大勝利!回想でケモショタもある!え、なんでゲイヲタアカウントはこれに盛り上がってないの?人間社会から追われて生きる"獣堕ち"の傭兵と、世俗には疎い魔女ゼロの物語。

 

サクラクエスト

第2話まで視聴。女の子たちが町おこしに奮闘する話?「るこどる」とはまた違った感じ。町おこしについては日本各地で抱えている問題が切実にあるのだけど、それを解決してしまうストーリーなのか、それともどうにもならないことを描いていくストーリーなのか。アニメの制作現場を描いた「SHIROBAKO」だと、うまいこと着地させた印象なので、今作も期待。

 

GRANBLUE FANTASY The Animation

第1話と第2話が事前に公開されて観ていたから、今期は第3話から視聴。ポート・プリーズの街の様子がけっこう描き込まれていて、ファンタジー世界をそれなりに楽しむことが出来る。鎧に刃物当ててダメージ通るところとかは謎だけど、まぁグラブルだからと思うと気にはならない。ストーリーもゲーム原作を無理なく拡げたり要素を追加したりしていて、これは原作未プレイ勢も独立したファンタジー作品として楽しめるのではないだろうか。

 

サクラダリセット

第2話まで視聴。未だ正体が掴めない。主人公はだいぶ面倒くさい奴だけど、その面倒くささが見所なのかな、と思った。

 

ひなこのーと

難民キャンプ。可愛い女の子がきゃっきゃしてたり奮闘してたりする姿を一切のストレスや不安なく楽しむアニメだと思う。

 

兄に付ける薬はない!-快把我哥帯走-

第2話まで視聴。いわゆる中華アニメ。中村悠一さんお兄ちゃんの鉄板さよ。ダメ兄と妹の物語で、妹視点、妹モノローグ。中華アニメはニコニコで多く配信されてきたので、第1話までは目を通してきたのけど、どうもノリについていけなくて、撤退してきた。だけどこの作品はもしかしたら続けているかもしれない。

 

まけるな!!あくのぐんだん!

地球侵略を企てる宇宙人が大苦戦するドタバタコメディショートアニメ。玄田哲章さん演じるドン様が不憫でならないのけど、そこが面白くて可愛い。

 

武装少女マキャヴェリズム

女子生徒のパンツを見るとか、ヒロインとハプニングキスとか、ハーレムもののお約束路線の一つかと思いきや、ガチ戦闘、ガチ武闘のバトルものをやりたい気配を見せていて驚き。

 

アトム ザ・ビギニング

鉄腕アトム」の前章。まだアトムが生まれる前、天馬博士とお茶の水博士の若かりし日を描く。天馬とお茶の水がイチャイチャしている第1話。この先のことを知っているとそのシーンもちょっと切ない。

 

Room Mate

第2話まで視聴。視聴者を主人公に据えて女の子と過ごす日々を描いた「One Room」というショートアニメが前期冬アニメにあって、それの女性向けバージョン。管理人として赴任したマンションには3人のイケメン居住者がいて、という話。主人公視点で描かれるけれど主人公の姿は描かれることはない。第1話のEDでは謎の光に包まれたイケメン3人が上半身裸になった。とりあえず脱がしておこうという姿勢は評価、と思って第2話EDを見たら謎の光は下半身まで広がって、全裸になった。どういうことなの。この先どうなっちゃうの?なんで女性向けの方が露出度高いの?

 

ソード・オラトリア ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝

ダンまち」視聴済み。神と冒険者の関係、というこのシリーズの独特の世界観については第1話では語られず。「ダンまち」の主人公たちのストーリーとあわせて話が進むとしたら、この外伝単独で楽しむのは難しいのかしら。前作観ていた勢としては十分楽しめました。

 

エロマンガ先生

第2話まで視聴。つらい。ストーリーは面白いんだけど、登場する女性キャラすべてつらい。なんだろうなー。女の子の我が儘とか、理不尽とか、そういうところに可愛らしさを見つけることができるひとは楽しめるのだろうけど、女の子のこと基本好きじゃないからかなー。松岡くんの主人公ボイスでなんとか観ている。

 

ラブ米 –WE LOVE RICE-

お米擬人化、というかお米の品種擬人化。お米の素晴らしさを伝えるために「ハーベストショー」なるライブを仲間たちと作り上げる。隙あらばお米ギャグを入れていくスタイル。くだらないのだけど、笑ってしまった。EDで「浪漫飛行」がかかって、米米CLUBだ!ってなって、そのあとどうすれば良いのだろう。公式サイト、未完のコンテンツがあるのは良いのだけど、そこに「米ing soon...」ってあるの発見したくなかった。

 

喧嘩番長 乙女 -Girl Beats Boys-

双子の兄に成り代わり、不良男子校でテッペン目指すことになる主人公(女)。どうしてそういうことになるんだ、というツッコミが不可欠なので、コメ付きで観よう。イケメン枠は、けんぬ、蒼井くん、ほそやん、カッキー、まえぬ。

 

カブキブ!

部活モノの第1話は部員集め、という定番の流れ。トラウマ抱えていそうな勧誘相手にガンガン突っ込んでいく主人公の来栖くんがマジ鋼メンタルで、ハラハラする。来栖くんの「歌舞伎大好き!」「歌舞伎部作るぞ!」一本槍で話が進むとちょっとつらいかもしれない。とりあえず継続視聴。

 

終末なにしてますか?忙しいですか?救ってもらっていいですか?

第1話では正体が分からない。「ゼロ書」に続き獣人が登場する世界観。女の子たちが兵器として世界を脅かす敵と戦う。男主人公がどう関わっていくのかまだ不明。一緒に戦っていくのかな。 (2017/04/30追記)

視聴断念

笑ゥせぇるすまん」は面白く観たのですが、いまの自分には観るのがつらくて断念しました。

 

sin 七つの大罪

女の子しかいないエロアニメはなぁ。「魔装学園H×H」のときは男主人公がいてくれてたからわりと楽しく観ていられたのだけど。

つぐもも

「天地無用!」っぽいと聞いて観てみたら、本当に「天地無用!」感あった。この「天地無用!」っぽさの正体は何なのか。主人公の男の子の包茎を剥くシーンがあります。

覆面系ノイズ
クロックワーク・プラネット
フレームアームズ・ガール
銀の墓守り
笑ゥせぇるすまん